本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.03-
3734-4133

舌下免疫療法

スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。

お薬を内服したり、スプレーを噴霧する治療は対処療法(一時的に症状を緩和する治療)であるのに対して、免疫療法は唯一、アレルギー性鼻炎の 根治治療(完全に治す治療)となります。

最近では治療薬を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場し、自宅で服用が可能になりました。

月1回の通院で、くしゃみ・鼻づまり・目のかゆみが改善されて根治すればもう通院の必要がなくなります!!

「舌下免疫療法」は、血液検査でスギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された患者さんが治療を受けることができます。 通常、治療期間は3〜5年必要です。

5歳〜65歳を対象としております。 保険診療内の治療であり、小児では公費負担、3割負担の場合は診察費、薬剤費で月3,500円程度の負担となります。

1.このような方にお勧めです

・治療期間が長くてもいいから、鼻水 鼻づまり 目のかゆみなど、アレルギー性鼻炎による
 症状を完全に治したい方
・飲み薬やスプレーを使ってもうまく症状がコントロールできない方
・眠気など内服薬の副作用がひどい方
・屋外での活動が多く、どうしても症状が起こりやすい方
・来年以降受験を控えており、なるべく眠くなるような薬を使いたくない方
・職業ドライバーなど、内服できる治療薬が制限される職種の方
・将来に妊娠した際に内服薬が使えない事を不安に感じる方

2.投与スケジュール

スギ花粉の治療薬は、花粉飛散期(1〜5月)からの開始はできません。
初回の2,000JAU錠で副症状が出た場合、2,000JAU錠を1週間以上延長して内服して頂く
場合があります。

3.以下に治療のポイントを示します

(1)1日1回治療薬を舌の下に1分間おきます。初回のみ院内で30分の待機が必要です。
(2)その後5分間は、うがい・飲食を控えます。
(3)治療後2時間は入浴・運動・飲酒はできません。
(4)3年は治療の継続が推奨されており、有効率は80〜90%です。
 3年間治療を行っても、1割から2割の患者さんでは効果が出ないことがあります。
(5)スギ花粉の治療薬は、花粉飛散期(1〜5月)からの開始はできません。
(6)スギ・ダニ同時投与の場合は、どちらか一方の治療薬が安定して使える状態(内服
 開始後、約1ヶ月)になってから、併用を開始しています。
(7)月1回の通院が必要となります。

4.舌下免疫療法について、皆様から寄せられるご質問を
  以下にまとめております

Q:舌下免疫療法は、すべての人に有効ですか?

有効率は80~90%と言われており、3年間治療を行っても効果が出ない方も10~20%ほどいらっしゃいます。
まず1年間治療してみて、その効果が感じられないときには医師と相談が必要になります

Q:スギ・ダニ以外の花粉にも有効ですか?

ヒノキ、カモガヤ,ブタクサなど、その他のアレルゲンでは効果は期待できません。

Q:舌下免疫療法はだれでも行うことができますか?

以下の方は治療をすることができません。
・5歳未満の小児の方

錠剤を1分間口の中に保持することができないため、治療対象になりません。
・重症気管支喘息の方
喘息発作を誘発するまたは重症化するおそれがあるため、治療対象になりません。
・妊婦の方、授乳中の方
妊娠中、授乳中の投与に関する安全性は確立していません。
妊娠中の治療導入はできませんが、舌下免疫療法中に妊娠した場合でも治療を継続することができます。
また、授乳中の婦人には投与しないことが望ましいですが、やむを得ず使用する場合には授乳を避けさせることが必要です。
・抜歯や口の中の術後、または口の中に傷や炎症などがある方
歯科治療で口腔内に傷ができている場合や、ひどい口内炎の場合、傷口から薬の吸収率が上がってしまうため、薬を使用することができません。
・重症の心疾患、肺疾患及び高血圧症がある方
非選択的β遮断薬、三環系抗うつ薬などのお薬を服用している方では、副反応が強くあらわれることがあり、治療対象になりません。
・全身性ステロイド薬の投与を受けている方
全身性ステロイド薬の投与により、免疫系が抑制され治療薬が効きづらくなるため、対象になりません。

Q:いつから効果が出るのですか?

開始してすぐに効果のでる治療ではありません。効果がでるまでに最低でも数ヵ月〜1年程度は必要です。根気よく継続することが必要です。

Q:この治療に副作用はありますか?

アレルゲンを投与することから、アレルギー反応が起こる可能性があり、まれに重篤な症状が発現する可能性があります。そのため1回目のスギ花粉のエキスを置くのはクリニックで医師が行い、置いた後30分はクリニックの中で過ごしていただき、副作用が起こらないか確認する必要があります。

よく起こる副作用は、口腔内や唇の腫れ・かゆみです。
抗アレルギー剤を内服することで、1日で治ることがほとんどです。


ダニの舌下免疫療法は、ダニを使った治療ですので、一時的にくしゃみ、鼻みずなどのアレルギー症状が増悪します。 これらの症状は、治療開始直後に多く、治療開始から1ヵ月程度までに集中します。 スギ花粉症の舌下免疫療法よりも高率で、強くおこります

アナフィラキシー、ショックにより血圧低下、呼吸困難、全身紅潮、顔面浮腫・咽頭浮腫等の血管浮腫、蕁麻疹、喘息等が起こる可能性があり 、その時には大きな病院での緊急治療が必要になります。ただ今まで日本国内でアナフィラキシーが起こったとの報告はありません。

当院では緊急搬送先医療機関として東邦大学大森病院と提携しております。 但し緊急時であっても、病院の事情で受診ができないことがあります。 

Q:クリニックの営業時間内であればいつ受診してもいいのですか?

舌下免疫療法をご希望の方は、初回診察では1時間程度の時間がかかります。 診察終了1時間以上前には来院してください。

Q:対象年齢は何歳ですか?

5歳〜65歳です。 治療の危険性や緊急時の対応などを十分に理解していただくこと、 錠剤を1分間口の中に保持できることが必要になります。

Q:薬剤はどのように保存すれば良いのですか?

直射日光に当てないところで室温保存してください。

Q:薬はいつ飲めば良いのですか?

錠剤を飲み込んで30分間は激しい運動やシャワーなど 血の巡りがよくなりすぎるようなことはできません。 これらの予定がなければいつでも内服可能です。 もし運動する予定がある場合は、夜、入浴後に内服してください。

Q:通院の頻度はどのくらいですか?

初回の再診のみ1週間後に来院していただきます。 その後は、毎月1回の通院が必要です

Q:歯科治療を行う場合や口内炎など口腔内の病気になったとき治療はできますか?

歯科治療で口腔内に傷ができた場合や、ひどい口内炎の場合、 傷口から薬の吸収率が上がってしまうため、 一時的に治療の中断が必要になります。 いつから治療を再開するか医師と相談してください。

Q:たまたま薬を飲み忘れました。 飲み忘れた分の薬も飲んだ方が良いですか?

薬を増量する必要はありません。 1〜2日程度であれば現在内服している量から再開してください。

Q:旅行に行っていたため3日間、薬を使用できませんでした。 治療を普通に再開しても大丈夫ですか?

治療を開始してすぐの場合は、休薬日数によっては治療を最初からやり直す方が安全です。 治療薬が維持量に入り、十分に時間が経過している場合、1ヶ月までの休薬なら、また維持量より再開しても問題ないでしょう。

Q:アレルギーの血液検査をしたことがないのですが、 舌下免疫療法を受けることはできますか?

血液検査で、スギ花粉、ダニ、ハウスダスト陽性であることが 必要であるため、血液検査が必要になります。 過去に他院で施行したものでも有効です。

前医で検査済みの方は、検査結果を必ずご持参下さい。
検査結果がないと治療を開始できません。

Q:治療開始の時期はいつですか?

6月から、12月まで治療を開始することが可能です。 1月から5月まではスギ花粉が飛散するため 舌下免疫療法を開始することはできません

Q:決まった量よりも多く服用してしまいました。 どうすればいいですか?

体調に不良がある場合は医療機関に相談してください。 もし体調に問題がなければ翌日から指示された量を内服してください。

Q:舌下免疫療法中に、アレルギーの薬は使えますか?

舌下免疫療法の治療中でも、抗アレルギー薬を併用して問題ありません。
ただし内服のステロイド剤(セレスタミン、プレドニンなど)は 舌下免疫療法の効果を弱めてしまう可能性があるため、 使用を控えることが推奨されています。
ステロイド点鼻薬や点眼薬の使用は問題ありません。
舌下免疫療法開始1ヶ月間は、口の中の違和感など、 軽微な副作用症状が出やすいため、 それを押さえるために治療開始1ヶ月間は 抗アレルギー薬を内服していただきます。

Q:スギ花粉症とダニアレルギーの両方の舌下免疫療法を 同時に行うことはできますか?

同時に内服を開始して副作用が出た場合、 どちらの薬が原因か判断できません。
2種類の薬を内服するときには、 最初の薬を開始して1ヶ月を過ぎてから、 もう一方の治療を開始することをお勧めしています。

(1)飲み始め〜1ヶ月まで
最初の1ヶ月の間は、新たに使用する薬を朝に服用、 以前から使用していた薬を夕方に服用して下さい。

副作用が出た場合、どちらの薬によるものかを分かりやすくするため、 また朝飲むことで、2種類目の薬の副作用に対応しやすくするためです。

(2)1ヶ月め以降
2種類目の薬を開始して1ヶ月以上経過すれば、2種類の薬を同じ時間帯に内服しても大丈夫です。
ミティキュアとシダキュア
どちらから飲んでも大丈夫ですが、 1つ目の薬を飲んだ後、1分以上あけて、2つ目の薬を内服して下さい。

Q:治療費用はどのくらいですか?

診療費3割負担のかたでの1ヵ月の治療費 (診療費と薬局での薬代の合計)は3500円前後となります。 また、治療前の採血検査時には5000円程度必要です。

Q:診察はどのように行われますか?

・受付にてまず「舌下免疫療法についてのご案内」に目を通していただき、最低2年間毎月
 通院できるか、治療に支障を来す持病がないかなどを確認させていただきます。
・アレルギー検査を行い、スギが陽性であることを確認し、スギ花粉症と確定診断をします。
・医師の立ち会いのもと、錠剤を舌の下に置きます。
・錠剤をそのまま1分口の中にためて飲み込まないようにします。
・錠剤を飲み込みます。
・副作用がおこらないか確認するために、待合室で30分過ごしていただきます。
 気分不良などあればはやめに受付スタッフにお声かけください。
・錠剤を飲み込んで30分後に再度診察があります。
 口の中に問題がないかなど確認し、診察終了です。

・錠剤を1日1回舌の下に置きます。置く時間帯はできれば午前中が望ましいです
 (副作用が起きた時の対処がしやすいため)。
・錠剤をそのまま1分口の中にためて飲み込まないようにします。
・錠剤を飲み込みます。
・錠剤を飲み込んで5分間はうがいや飲んだり食べたりはしないでください。
・錠剤を飲み込んで30分間は激しい運動やシャワーなど血の巡りがよくなりすぎるような
 ことはしないでください。

・診察の時に口の中に腫れがないか、口の中やのどや耳のかゆみ、のどの違和感などの症状が
 起こったりしていないか確認します。
・2回目の診察以降は上記のように錠剤を1日1回舌の下に置くことを続け、毎月1回通院
 していただきます。



てらお耳鼻咽喉科てらお耳鼻咽喉科

〒144-0052
東京都大田区蒲田4-1-1エクセルダイア蒲田ネクスト2階
TEL 03-3734-4133