大田区蒲田の耳鼻咽喉科はてらお耳鼻咽喉科へ

口腔乾燥症の症状と治療

口腔乾燥症(ドライマウス)とは

様々な原因で口の中が乾燥することを口腔乾燥症といいます。
口の中が乾燥するため、粘膜がひび割れて痛みが出て、物が飲み込みにくくなり、口腔内にカンジダが起こりやすくなります。味覚が低下するため、食事も美味しく感じられません。
また、唾液が不足するために、虫歯や歯周病にもなりやすくなります。
口の乾きが気になる方は、当院までお気軽にご相談ください。

口腔乾燥症の原因・メカニズム

口腔乾燥症の原因
・普段内服している薬剤(抗うつ剤や抗不安薬、降圧剤、鎮痛剤など)の副作用
・鼻閉のため、夜間、口を開けて寝ている時
・シェーグレン症候群など免疫の病気(=膠原病)
・加齢による唾液の分泌量の低下

口腔感染症の治療

症状を引き起こしている原因に基づいて治療を行います。
アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎が原因で鼻が詰まっているとみられる時には、原因となる疾患の治療を行います。普段内服している薬剤が原因である時には、その薬を変更するようにします。唾液の分泌量が少ない場合は、唾液の分泌を促進させる薬を処方します。シェーグレン症候群など免疫の病気が原因であるときには、大きな病院での治療が必要になります。連携している病院にご紹介いたします。

蒲田のてらお耳鼻咽喉科

お問い合わせ TEL.03-3734-4133 順番予約専用 TEL.050-5533-3734

〒144-0052 大田区蒲田4-1-1 2F
京急蒲田駅から徒歩3分 JR蒲田駅から徒歩7分

#
トップへ戻る